遺産相続トラブル事例集

遺産相続トラブル事例集

遺産相続における遺留分について

遺産相続の問題は法律的な知識が必要であり、普段から考えておくことが重要となります。そして遺産相続に関してのトラブルは、相続額の大きさや被相続人の多さによって解決の難易度が大きく変化するとされています。

もちろん当事者同士による話し合いで円満な解決を目指せるならば問題ないのですが、実際には兄弟間の大きなトラブルに発展してしまうことが非常に多いとされており、早期の解決を目指すならば法律の専門家である弁護士の先生に依頼することが大変重要となります。

このトラブルにおける具体例としましては、遺言状における遺産の分配額に納得がいかなくて兄弟間によるトラブルなどが挙げられています。また遺言状のなかには子供達以外の人間に相続をさせるといった内容のものが存在しており、このような場合には法定相続人が遺留分を求めて争うことになるのです。

つまり、全財産を法定相続人以外の人間に相続させる旨が遺言状に記載されていたとしましても、法定相続人から遺留分の相続申し立てがあった場合には、その部分に関しての相続が認められるものであり、あまりにも不公平且つ不条理な遺言状となっていた場合にはしっかりと主張したいものなのであります。

もちろんこうした主張の根拠となるものが法律であり、相手と話し合う場合には十分な法律的知識が必要となります。そこでそのためにも有能な弁護士の先生に相談することが大切となるのです。

DATE:2016/10/30

ピックアップ記事一覧へ