遺産相続トラブル事例集

遺産相続トラブル事例集

遺産相続で受け継がれるマイナスの遺産とは?

遺産相続と言うと土地や株券などプラスになる財産のみを想像する人が多いのではないでしょうか?もちろん、遺産相続と言えば、土地や株券をはじめとし、現金や預貯金、車や貴金属、家財道具一式などが含まれており、それらを遺産相続人の分配順位で分配させる事が多くなっています。

しかし、忘れてはいけない事が遺産相続には、負の財産。つまり、借金などのマイナスの財産も含まれると言う事です。その為、故人に借金があった場合、遺産相続人は、その借金も引き継いで支払っていかなければいけません。その他、税金の未納があった場合や医療費の未払いなどがあった場合も、相続人にそれらの支払い義務が発生してくる事になっています。

その為、一概に遺産相続する事が、良いと言い切る事ができるわけではなく、相続する際は、どのようなプラスの遺産。例えば、現金や土地。そして、どのようなマイナスの遺産があるのか調べた上で、相続する事が大切になってきます。 遺産相続には、相続放棄と言った事が可能になっています。そして、その相続放棄を行う事で、一切の相続を放棄する事となり、マイナスの遺産。つまり、借金や未払いのお金の支払も発生しません。その為、万が一、遺産相続する際、マイナスの遺産がプラスの遺産より大きな場合は、弁護士などに相談し、相続放棄の手段を取る事も必要になってきます。

DATE:2016/12/05

ピックアップ記事一覧へ